2012年02月18日

特別価格【がんばろう!福島】【あす楽】23年産南会津のひとめぼれ30kg【梁取藤男】

特別価格【がんばろう!福島】【あす楽】23年産南会津のひとめぼれ30kg【梁取藤男】特別価格【がんばろう!福島】【あす楽】23年産南会津のひとめぼれ30kg【梁取藤男】
¥11,500円(税込)送料込 カード利用可

■こちらは玄米30kgを精米後での発送です。福島県南会津郡只見町大字小林地区で栽培されたひとめぼれです。美味しいと感じるのはお米の場合も「粘り」「香り」が大きな要素かと思います。品種・産地・気象・天候・栽培方法・乾燥・精米・炊飯などなど美味しいお米の条件はワインと共通している部分が多くあります。とりわけ日本のお米には遠くふるさとの母を想いだす上品な「香り」があると思いませんか?なにより農家の方が自分で食べるお米は手抜きをしないで丹精こめてつくるから美味しいお米が出来上がるのです。手つかずの自然の中で愛情一杯のお米をお届けいたします。30Kgを精米すると約27〜28Kgになります。【モンタに聞きたい】Q 同じ南会津産のひとめぼれだけど、なぜ味が違うの?A 南会津産といっても面積が広いので気象条件、土壌、日照時間が  微妙に違います。私が考えるには土壌のせいだと思われます。Q モンタの扱っているお米はなぜ美味しいの?A どの田んぼで誰が作った米か、すべて知っているからです。自分が試食して これならと思うものを農家から仕入れて販売しています。Q モンタは色々言ってるけど米作りをされたことがありますか?A 残念ながらありません、家に田んぼがなかったからです。小学生のころ 近所の家に田植えの手伝いに行った事はあります。だからこそ、どこの 田んぼで誰が作ったお米は美味しいということは小さい頃から知って いました。私の地区の米ならどこでも美味しいと無責任なことは言いません。 畦道ひとつ違っても食味は違ってきます。しかし知名度は低いのですが 食味のレベルはかなり高いと思います。だから栽培者の顔が見えることが すなわち安全・安心ではないでしょうか?最後の一粒までぴかぴかの新米です。■割安ですがかなり重いですよ! e-cotoR◆コシヒカリのご注文は→こちらから(*^_^*)
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]
posted by flyel at 11:00 | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。